つぶらな瞳の正しい意味は?

8cedabda7fb979630085557a592cfbb3_s褒め言葉として、よく「つぶらな瞳」という言葉が使われます。
つぶらとは漢字では「円ら」と表現されます。
つまり、つぶらな瞳はくりっとした目とか、丸くて可愛らしい目という意味を持ってます。
目が小さい事をコンプレックスに感じている人は、この言葉で褒められると、「自分が目の小さい事を無理やり褒めてもらってる」と感じる人もいます。
言葉の雰囲気からか、つぶら=小さいというイメージを持っている人が多いのですが、これは大きな誤解です。
つぶらな瞳は目の形を表しているので、実は目が大きくても小さくても使って問題はありません。

純粋無垢という意味を持つ言葉

よく「つぶらな瞳」という言葉で「純粋無垢な」という意味を表す場合があります。特に犬や子どもや少女、少年の瞳がつぶらな瞳である場合、よこしまな心が無い綺麗な心でいることを意味したりします。我々大人はなかなか「つぶらな瞳」でいることはできません。世間の荒波にもまれ、汚れてしまっているのですね。犬は飼い主に一筋ですので、いつも散歩の時とかに飼い主を熱心に見つめていたりします。そこには全く悪意なんてもの、計算なんてものはありません。純粋無垢に飼い主のことばかり、ご機嫌を伺ったりしているのです。子どもたちにもこの「疑うことを知らない」心があります。

つぶらな瞳の意味とは

つぶらな瞳のつぶらは、漢字で円らと書きます。字のごとく、丸いという意味があります。
丸くてくりっとしていて可愛らしい大きいパッチリとした目をつぶらな瞳と言います。
瞳が丸くて可愛いという表現は、瞳の黒い部分が大きくて丸くて可愛いという意味です。
つぶらな瞳が表す目は小さいという説と大きいという説がありますが、大きさというよりも、目の白目の部分に対して、黒目の割合が大きいという表現が合っています。また、可愛い女性芸能人の方に対して使われることが多いように、見た目の可愛い目の方に使う褒め言葉として使われます。

かわいい目の表現の意味

子供や女性に、対してかわいいことを表現する時に使用する言葉につぶらな瞳というのがあります。
実際、普段の日常でもよく使う言葉ですが意味を深く考えることはほとんどがありません。
このつぶらな瞳の意味は、瞳がまるくて可愛らしい事とくりっとしている様子を表しています。
目のなかの瞳が、丸くてかわいいということです・。
そのために、実際に使用しているのが子供や赤ちゃんに使うことが適しています。
また、最近では動物の子供にもこの表現を使用することが増えています。
いずれにしても、褒め言葉なので使用することに問題はありません。

黒目パッチリでかわいい目

つぶらな瞳とは、目がパッチリとしていて、瞳が大きい様のことをいいます。目を開くと黒目が大きく、とてもかわいく見えます。
動物でたとえるなら犬のチワワなどが上げられます。カラーコンタクトなんかを使うとつぶらな瞳を再現したりすることができるので、瞳をきれいに見せたいという場合には、黒目が大きく見えるタイプのものを着用することによって、きれいな瞳に見せることができます。
かわいいほかにも愛くるしいなどの表現をすることができます。遺伝子によって生まれつきそういった目の人もいます。得にハーフの人などに多く見ることができます。

つぶらな瞳の良いところ

よくつぶらな瞳ですね、と褒め言葉として言ったり言われたりすることがあると思います。
中にはコンプレックスに感じている方もいるようですが、そんな事はありません。
つぶらな瞳とは円らと漢字で書くように丸い印象を強く与える目のことで、比較的小さな目のことです。
しかし目の輪郭が小さいと黒目がちと言い、白目より黒目の割合が格段に高くなり優しく可愛い印象を与えます。
化粧をする場合にも、二重まぶたの大きな目の方はアイライナーやアイシャドウを濃くいれると派手になりやすく難しいですが、つぶらな瞳の方は派手な印象を与えにくいので、色々な化粧を楽しめます。
チャームポイントとしての意識を持つのが大事かもしれませんね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*